立入り禁止区域周辺ぐるりコース

立入り禁止区域周辺ぐるりコース

チェルノブイリへ行きたい大部分の観光客の主な目的は、人が立ち入ることが禁止されている、原子力発電所の30キロ圏にあるチェルノブイリ原子力発電所立ち入り禁止区域(ゾーン)内の見学に参加することであります。この道では、一般的には原則的に乗り越えられるいくつかの困難に直面しますが、それでも克服すべき障壁を乗り越えるにはある努力、時間、費用などが必要です。

そのような障壁には次のことが含んでいます。

  • ゾーンへの許可を求める正式手続き(申請の処理に2週間以上かかります)
  • ゾーンの管理によって実際に訪問者に課せられた数多くの「公的サービス」の支払い(管理費支払わなく法的根拠に基づいてゾーンに入ることが不可能です)
  • チェルノブイリ原子力発電所立ち入り禁止区域内を訪問した場合や原発の所内見学の場合は放射線管理時の人体線量測定の必要性や、および原発の所内見学の場合は放射線管理質問票を記入する必要性になっています。
  • 18歳未満の方、妊娠中の方、特定の病気の方はチェルノブイリゾーン内ツアーに参加することができません。

もしかしたら立ち入り禁止区域内に直接に入るべきではないコースに参加するならば、これらの困難はすべて避けることができます。その見方では、時間か費用が限られてた方や、自分の個人データを公式用紙に記入しすぎる事を避ける希望の方にとっては、最善の方法は立入り禁止区域周辺ぐるり見学コースに参加する事になります。立入り禁止区域周辺ぐるりコースは勿論、ゾーン内の入域なしのコースですが、興味のあるスポット訪問で豊富な、ゾーンに直接隣接する近周辺を訪れる事ができる、 ゾーン内にいると同じように素晴らしい体験できる特典がある特別なコースです。

1 日間の旅行中には『立ち入り禁止区域』を囲んでいる鉄条網に沿って進んで行くと次のものを見る事ができます。

  • 鉄条網や検問所
  • ドニエプル川の谷床平地に広がる景観の美しい別荘地。30キロ圏から数メートル外側に位置するキエフ貯水池の周辺には、富裕層がよみがえった自然を求めて押し掛けます。「チェルノブイリのリビエラ」と呼ばれるこの美しい場所には高級高級別荘が立ち並び、狩りと釣りを楽しむ人々に愛されています。かつてこの貯水池に大量の放射性物質が降り注いだ記憶は、水に流されてしまったのかもしれません。
  • リクビダートル幽霊街。1986年~1994年にあった、リクビダートルの街の遺跡(地名が『ゼリョーニー・ミス』、日本語で訳すると『緑の崎』)
  • 立ち入り禁止区域の周りの、今農民が住民する村や原発事故後で捨てられた村を訪問
  • 野生動物(運が良ければ会う可能性がありますが)
  • 捨てられた牛小屋、家、学校、幼稚園など
  • 森の中に隠れてある、16世紀に創立した女子修道院  

最終更新日

2017年10月01日

タグ

ゾーン周辺ぐるり, 1日間

チェルノブイリツアー

チェルノブイリ・ツアー

ウクライナ在留や海外旅行中の日本の皆さんのための「チェルノブイリ立ち入り禁止区域」内部を見学できるツアー。

最新ニュース

ゲスト 82人 と メンバー0人 がオンラインです

当サイトの内容校正ツール

© 2018-2019 チェルノブイリ・ツアー All Rights Reserved. Designed by Next Generation

Search