捨てられた家

捨てられた家

チェルノブイリ立ち入り禁止区域内に訪問していると捨てられた家があちこち多く見つかることができます。区域内の、捨てられた家の最も多くある場所は勿論プリピャチ市内やチェルノブイリ市内やその周りにある何か所の捨てられた村などです。

死の街と呼ばれている、今人口のいないプリピャチ市の市内見学をすると、どんな建物を見学しても捨てられたものです。その中は学校やデパートや文化会館や幼稚園やアパートの団地の建物などです。

チェルノブイリ市の場合はチェルノブイリ市の中心地にいると周りには捨てられた建物がほとんどないです。どんな建物にはある政府の事務所や技術サービ施設があります。チェルノブイリで働いている労働者やチェルノブイリ原子力発電所の職員たちが泊まる寮の建物もあります。町外れに出ると何階建ての建物が少なくなり、多くあるのは農家見たいのような一階建ての家です。その中の捨てられた家がとても多いです。中に入って見学する事がガイドさんの許しを求めて可能です。

田舎にある捨てられた家にも入られます。チェルノブイリ・ゾーン内にあるどこの村にも人が住まない家がかなり多くあるそうです。

 

最終更新日

2017年11月15日

タグ

ゾーン周辺ぐるり, ゾーン内, 1日間, 2日間, 3日間

チェルノブイリツアー

チェルノブイリ・ツアー

ウクライナ在留や海外旅行中の日本の皆さんのための「チェルノブイリ立ち入り禁止区域」内部を見学できるツアー。

最新ニュース

ゲスト 73人 と メンバー0人 がオンラインです

当サイトの内容校正ツール

© 2018-2019 チェルノブイリ・ツアー All Rights Reserved. Designed by Next Generation

Search