サマショール

サマショール

サマショール(ウクライナ語: Самосели)とは、1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故によって立ち入り禁止区域とされた土地に、自らの意志で暮らしている人々であります。日本語では自発的帰郷者、帰村者等とも表現されます。その多くは高齢者で、政府も黙認しています。

事故後当時のソビエト連邦政府は、ウクライナ・ベラルーシ両国にまたがる、原発から30km圏内の住民13万5000人を強制避難1させた。事故から26年以上経過してなお、この区域に立ち入ることは厳しく制限されています。事前登録などが必要とされ、退出の際は全身の放射能検査を行い、高い数値が出た場合は服を洗濯する場合もあります。

しかし、当初から避難2を拒んだり、移住先の生活になじめず30km圏内の住み慣れた村に戻ってきた人々がいて、サマショールと呼ばれている。もともと「自分で動き回る」という意味で、「勝手に居座るわがままな人」等と批判的に見られることもあります。

中高年層が多く、約100人の人々が、畑で野菜を作り、牛を育てて乳を搾り、近くの森や川でキノコやイチゴや魚を採る、といった自給自足の生活を営んでいます。

最終更新日

2017年11月15日

タグ

ゾーン内, 1日間, 2日間, 3日間

チェルノブイリツアー

チェルノブイリ・ツアー

ウクライナ在留や海外旅行中の日本の皆さんのための「チェルノブイリ立ち入り禁止区域」内部を見学できるツアー。

最新ニュース

ゲスト 69人 と メンバー0人 がオンラインです

当サイトの内容校正ツール

© 2018-2019 チェルノブイリ・ツアー All Rights Reserved. Designed by Next Generation

Search