原発事故時に使われた機械

原発事故時に使われた機械

チェルノブイリ事故処理で放射線が高く遺棄された車両の墓場と言う場所が立ち入り禁止区域のあちこちに今でも見つかります。けど前よりこう言う場所は時間が経ってだんだん少なくなります。

理由は捨てられた機械や自動車などは地下化することや片付けることによって前にあった場所に見えなくなっていきます。ですから現在のチェルノブイリ・ゾーン内には原発事故時に使われた機械を探し出すのは簡単なことではなくなっています。

けれどもある場所に今までも残っている、捨てられた輸送機械の色んな種類、たとえばチェルノブイリの川港にある錆付いた船舶や捨てられた消防車などの自動車や戦車やヘリコプターなどの航空機や事故時代のレスキューロボットの陳列品などが見られます。

その中の機械のほとんどは放射線の高いものではなく人間にとってあまり危険ではありません。けれども経験のあるガイドさんは今までも放射線の高いものはどこにあるかご案内できます。

 

 

最終更新日

2017年11月15日

タグ

ゾーン内, 3日間

チェルノブイリツアー

チェルノブイリ・ツアー

ウクライナ在留や海外旅行中の日本の皆さんのための「チェルノブイリ立ち入り禁止区域」内部を見学できるツアー。

最新ニュース

ゲスト 133人 と メンバー1人 がオンラインです

当サイトの内容校正ツール

© 2018-2019 チェルノブイリ・ツアー All Rights Reserved. Designed by Next Generation

Search