チェルノブイリ立入禁止区域

ここを訪問前にみんなが知べき情報

立ち入り禁止区域

観光スポット地図

チェルノブイリ立入禁止区域とは、1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故によって立ち入り禁止とされている半径30km圏内の区域であります。事故後当時のソビエト連邦政府は、ウクライナ・ベラルーシ両国にまたがる、原発から30km圏内の住民13万5000人を強制避難させました。

素晴らしい、申し分のないプログラム

事故から、30年が経過しました。チェルノブイリの地面放射線量は、30年という長い時間によって、数日の短い滞在には問題ない水準にまで下がりました。ウクライナ政府は、そのような状況判断のうえで、2011年より、事故現場周辺の広大な「ゾーン」(立入禁止区域)を国内外の観光客に向けて開放しています。「ゾーン」内には、記念公園や博物館、観光客向けの簡易な宿舎などが建設されています。このミステリアスの場所は事故から30年以上たってから現在でも、多くの観光客が訪れているようです。放射能に汚されたとして住民が退去し、長いあいだ無人で放置された「ゾーン」は、皮肉なことに、いまや、松やシラカバの森が広がり、希少種のモウコノウマが駆け巡る野生動物の楽園に生まれ変わっています。そこはまた同時に、冷戦崩壊前のソ連の町並みや軍事施設を残す、貴重な歴史遺産の場にもなっています。現地のほとんどすべてのユニークなスポットを訪問できる様々な見学コースを含む、「ゾーン」を訪れる素晴らしい観光プログラムの下記のオプションを選択できます。

参加者の声

「チェルノブイリツアー2019」にご参加をお考えの方へ!

1986年4月、チェルノブイリ原発の4号炉は、史上最悪の事故を引き起こしました。それから今年で31年。かつては特別に許可された人しか立ち入ることのできなかったチェルノブイリは、2011年以降、公式に観光客を受け入れるようになりました。現在、毎年2万人ほどの観光客が訪問していることなどを報道しています。例えば13年は観光客の訪問が約1万4000人になりました。では、チェルノブイリに行くにはどうすればよいのでしょうか

チェルノブイリツアー2019にご参加をお考えの方へ!

1986年4月、チェルノブイリ原発の4号炉は、史上最悪の事故を引き起こしました。それから今年で31年。かつては特別に許可された人しか立ち入ることのできなかったチェルノブイリは、2011年以降、公式に観光客を受け入れるようになりました。現在、毎年2万人ほどの観光客が訪問していることなどを報道しています。例えば、13年は観光客の訪問が約1万4000人になりました。では、チェルノブイリに行くにはどうすればよいのでしょうか。

チェルノブイリツアー

チェルノブイリ・ツアー

ウクライナ在留や海外旅行中の日本の皆さんのための「チェルノブイリ立ち入り禁止区域」内部を見学できるツアー。

最新ニュース

ゲスト 5人 と メンバー0人 がオンラインです

当サイトの内容校正ツール

© 2018-2019 チェルノブイリ・ツアー All Rights Reserved. Designed by Next Generation

Search