チェルノブイリ・ツアー 

1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所4号機の原子炉が爆発、放射能が大量に放出されました。当初は原発から半径30キロ以内の約11万6000人が強制避難。その後も広範囲で避難が続き、計約40万人に増えました。現在、ここはチェルノブイリ原子力発電所の居住禁止区域とも呼ばれ広大な立ち入り禁止区域になって住民が居ない放射能汚染圏で「ゾーン」と呼ばれています。原発事故後30年を迎え過去の惨状と現在を 探るツアーに是非ご参加ください。

立入り禁止区域周辺ぐるりコース

半径30キロメートルの、チェルノブイリ『立ち入り禁止区域』を囲んでいる鉄条網に沿って進んで見学する、信じがたい1日の旅行

チェルノブイリでの1日

ウクライナ在留や旅行中の日本の皆さんのための日帰りツアー。「死の街」プリピャチ市をはじめ、チェルノブイリ立ち入り禁止区域内の1日間見学コース

原発の所内見学コース

ウクライナ在留や旅行中の日本の皆さんのためのコース。原発の所内見学を含んだ2日間のチェルノブイリ立ち入り禁止区域見学

区域内の3つの巨大構造物見学コース

30キロ圏内の3軒の巨大建築物をはじめ、ほとんどすべての観光スポットを見学出来る、忘れることの出来ないユニークな3日間のコース

「死のゾーン」

核の時代の巡礼地

異様な静寂と死の啓示。破壊された船の上の空を悲しげに飛ぶ川のカモメ。荒れた砂漠に似てる町の中心に捨てられた、子どもの笑い声を知らない観覧車。草だらけの広場の真ん中で咲いた野の花。太陽と永遠に吹く風。このサイトを読み、ビデオや写真を眺めながら、ここにはぜひ行かなければならないと考える。なぜ?ここもまた根源的で黙示的な世界の場所のひとつであるからだ。

素晴らしい、申し分のないプログラム

現地のほとんどすべてのユニークなスポットを訪問できる様々な見学コースを含む、とても素晴らしい体験ができる観光プログラムの下記のオプションを選択できます。チェルノブイリで、どのツアーに申し込もうか迷っている方は是非このツアーに参加してみて下さい。

参加者の声

私たちの使命

当サイトに提示された、チェルノブイリへの旅行は(ウクライナNPO法人)Dreams Come True Foundation(以下「DCTF」)が実施する旅行です。DCTF監修のチェルノブイリツアーは今年で13年目となります。

DCTF監修のツアーの目的は、チェルノブイリゾーン内の再生しつつある自然を観察し体験することと、事故後の自然や社会状況を学ぶ旅行に参加、の2点です。私たちの使命はゾーン内の状況を学びたい参加者のために他方の諸パートナとの協力に基づいて、現場で情報や案内などの必要なサービスを提供する事にあります。

私共の諸パートナーのご支援により、当ツアーの経営者であるDCTFは、ウクライナ政府より チェルノブイリの立ち入り禁止区域管理庁の情報管理・観光・広報局の、免許のある公式パートナーに認定されました。

現在、DCTFは、チェルノブイリゾーンの訪問ツアーを行う無制限の実施権を所有致しております。

partners-logos-15.png

「チェルノブイリツアー2019」にご参加をお考えの方は

必ずご確認の上ご参加をお願いいたします。

チェルノブイリツアー2019にご参加をお考えの方は

必ずご確認の上ご参加をお願いいたします。

チェルノブイリツアー

チェルノブイリ・ツアー

ウクライナ在留や海外旅行中の日本の皆さんのための「チェルノブイリ立ち入り禁止区域」内部を見学できるツアー。

最新ニュース

ゲスト 26人 と メンバー0人 がオンラインです

当サイトの内容校正ツール

© 2018-2019 チェルノブイリ・ツアー All Rights Reserved. Designed by Next Generation

Search